『曇天に笑う』福士蒼汰 単独インタビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『曇天に笑う』福士蒼汰 単独インタビュー

夢が叶っても、もっと上の夢を作ってしまう

取材・文:磯部正和 写真:中村好伸

アニメ化や舞台化などさまざまなメディアミックスで人気を博した唐々煙のコミックを、『踊る大捜査線』シリーズや『亜人』などの本広克行監督が実写映画化した『曇天に笑う』。いまをときめく若手キャストたちが集結するなか、主人公・曇天火役を務めたのは俳優・福士蒼汰だ。劇中で繰り広げられる激しいアクションシーンにも、ほぼノースタントで挑んだという福士が、作品の見どころやストイックな自身の生き方について語った。

[PR]

主演として人見知りを克服!?

福士蒼汰

Q:人気コミックの実写化作品でしたが、福士さんが演じた曇天火というキャラクターへはどんなアプローチをしたのでしょうか?

特徴的なキャラクターだったので、まず衣装合わせのとき、ビジュアルをどう作ろうか、いろいろな意見をうかがって考えました。実写化作品に参加するにあたって一番気をつけたのは、コスプレにならないようにという部分です。あとは、天火の根底にある明るさはどこからきているのだろうか、ということは深く思考をめぐらせました。

Q:本広監督とはどんなお話をされたのですか?

本広監督は、細かく指示を出す監督ではなく、基本的には、俳優に自由に演技をさせてくれる方でした。現場でも、演技とは関係ない話はするのですが、あまりお芝居について多くを語りませんでした。伸び伸びとやらせていただけるし、雰囲気もすごく穏やかで、優しいパパのような感じでした(笑)。

Q:本作では、同世代の俳優が多いなか、主演を務めました。なにか撮影現場で心掛けていたことはありましたか?

なるべく自分から話しかけるようにしました。もともと人見知りで、現場でもなかなか話しかけたりできないのですが、今回に限っては、同世代の俳優が多かったので、意識して臨みました(笑)。これだけ自分から率先して声をかけた現場は初めてでした。

Q:意識したことで、これまでの撮影現場と違った面は見えてきましたか?

正直、目に見えてなにかが変わったということはわからなかったですが、黙っているよりは絶対良かっただろうし、自分から能動的に動くことで、コミュニケーションを含め、なにか生まれたものはあったのではないかと思っています。

プライベートでの武術が生きたアクション

福士蒼汰

Q:アクションシーンが大きな見どころの一つ。福士さんは過去の作品でもアクションをする場面が多数ありましたが、本作にはこれまでの経験は生きましたか?

もちろん初めて経験するよりは、スムーズだったと思いますが、アクションというのは、作品ごとに違う場合が多いので、あまり連続性は意識しませんでした。

Q:本作では、どんなアクションシーンが特徴的だったのでしょうか?

自分はこれまでプライベートで(フィリピン武術の)カリという武術を習っていたのですが、アクション監督の方と相談して、その技を取り入れていただきました。

Q:非常にダイナミックなアクションシーンが展開していきますが、カメラのフレームなどを意識して動いているのでしょうか?

そこまでの余裕はありませんでした。教えていただいた殺陣をやっていくので精一杯です。ただ、最後、決めのシーンなどはちゃんとカメラ位置を意識してやるようにはしています。

Q:なぜカリという武術をやっていたのですか?

理由はいろいろあります。この仕事をはじめたときからアクションには興味がありましたし、いつか仕事につながればいいなという思いはありました。一方で、単純に男として強くなりたかったということもあります。こうした武術をやることによって、精神的にも強くなれるだろうという思いもありましたので。

停滞していることは好きではない

福士蒼汰

Q:順風満帆な俳優人生なのかなと感じているのですが、いつも自己評価が厳しい印象があります。

満足することはないですね。夢が叶っても、またもっと上の夢を作ってしまいます(笑)。満足してしまうと、そこで停滞してしまうような気がするのです。自分は止まっているより常に動いていたいと思います。目標を作るのは得意ですし、目標を達成するためにはどうしたらいいのかを考えるのが好きなのです。

Q:福士さんの同世代には、評価の高い俳優さんも多いですが、危機感のようなものがストイックさにつながっているのでしょうか?

原因はおそらく、自分が満足できないということです。おっしゃったように同世代ですごい人がたくさんいるので「みんなすごい」と思うことで、自分も奮い立つことができます。ネガティブな思考をポジティブに変えてくれる存在です。

Q:「満足しない」という発想は、自身を追い詰めてしまうことになりませんか?

確かにそういう場合もあります(笑)。「もっとこうしなければ」と感じることがいくつも重なると、ドツボにはまってしまうことがあります。数年に一度そういう状況に陥ることがあります。

Q:そういうときはどうやって脱出するのでしょうか?

一番は時間です。あとは、めったに人に悩みは話しませんが、信頼できる人には相談することもあります。

福士蒼汰の最終形はアフリカ!?

福士蒼汰

Q:ある意味で完璧主義なのでしょうか?

完璧でいたいとは思っていますが、完璧になるのもたぶん嫌なのだと思います。目標がなくなってしまいますから。

Q:他人に対しても厳しいのでしょうか?

それは自分だけに向いている考え方です。でも逆に、自分から見て完璧だなと思える人に会うと目標にはなります(笑)。

Q:満足しないという福士さんはどこへ向かって行くのでしょう?

自分でもわからないです。最終的にはアフリカとか大自然の中にいるかもしれません。究極はそこかなと思います(笑)。昔からバックパッカーとして世界一周したいという気持ちがありますし、突き詰めていくと、人間が生まれた場所に立ち戻るみたいな感じになるのかもしれないなと思っています。


福士蒼汰

これまで何度か福士に話を聞いたことがあるが、作品に対しての“自信”はうかがえるが、自身に対する評価は非常に辛い。辛いというよりは、しっかり課題を見つけ、そこに対してクリアしようとする目的意識が高いということなのだろう。そして、この考えの根底にあるのは「危機感」や「他者との比較」から来るものなのかと思っていたが、話を聞いていると、どうやらそうではなく、目標を設定し、クリアすることが「楽しい」という。これは、ある意味“最強”なのかもしれない。

映画『曇天に笑う』は3月21日より全国公開

最新インタビュー

インタビュー一覧 »

[PR]